, コンテンツにスキップする

シティグループが株式部門を刷新、業界ランキング向上目指す

  • 2、3年以内に株式トレーディングで業界上位4位以内へ
  • シティは長年、ランキング向上目指し投資を継続-現在は業界6位

シティグループは株式売買での業界ランキングで順位を上げるため、株式部門を再編した。

  シティの文書によれば、ジュリア・レイスキン氏はアジア太平洋地域での株式営業の取り組みを主導する。ダーク・カイジャー氏は欧州・中東・アフリカで、セドリック・ポーウェルズ氏は米州でそれぞれこの取り組みを率いる。アントニン・ジュリアー氏は株式営業グローバル責任者の立場を退き、他の機会を模索する。

  バークレイズから今年シティに移籍しグローバル株式トレーディング事業を統括するファテル・ベルバシール氏からの文書によると、この人事により同行は2、3年以内に株式トレーディングで業界上位4位以内入りを目指す。

  株式トレーディングの業界ランキング向上に長年取り組んできた同行は2016年に、市場シェアを当時の約8、9位から5、6位への浮上を目指した。同事業への投資に何年も費やした同行は現在、世界の株式トレーディングで6位にランクされている。

  昨年の収入は15年に比べ約2億ドル(約209億円)減少したが、今年は激しい相場変動で主要指数が高値更新を繰り返していることが追い風となり、1-9月期の同事業の収入は18%増加し28億ドルに上っている。

  ベルバシール氏は同文書で「株式の新組織によってわれわれは将来の成功に向けた好位置につけると確信する」と指摘した。

原題:
Citi Reorganizes Equities Unit in Bid to Move Up Rankings (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE