コンテンツにスキップする
Subscriber Only

JDヘルスの香港IPO、3630億円規模-ヘルスケア企業でアジア最大

  • IPO価格は1株70.58香港ドル-仮条件の上限で決まる
  • 大塚HDを抜いてヘルスケアセクターではアジア最大の上場に

中国の電子商取引大手JDドットコム(京東)のヘルスケア部門、JDヘルス・インターナショナル(京東健康)が実施する香港での新規株式公開(IPO)が270億香港ドル(約3630億円)規模となった。ヘルスケア企業の上場としてはアジア最大となる。

  IPO価格は1株70.58香港ドルと仮条件の上限で決まった。3億8190万株を公募する。ブルームバーグ・ニュースが入手したIPO条件が示した。今月8日に取引が始まる予定。

中国のJDヘルス、香港IPOで最大3660億円規模目指す

  ブルームバーグの集計データによれば、同社のIPOは10年前の大塚ホールディングスの23億ドル規模を抜いてヘルスケアセクターではアジア最大。目論見書によると、JDヘルスは売上高で中国最大のオンラインヘルスケアプラットフォーム・オンライン薬局となっている。

原題:
JD Raises $3.5 Billion in Asia’s Biggest Health-Care Listing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE