コンテンツにスキップする

東京都、GoToトラベルで65歳以上の利用自粛呼び掛け

更新日時
  • 「国と都が連携し感染拡大を阻止することで一致」-菅首相
  • 都は停止を要請も「いろいろ考え自粛という結論」-小池知事

政府の観光支援事業「Go Toトラベル」を巡り、東京都は高齢者と基礎疾患がある人に対して東京発着の旅行を控えるよう呼び掛ける。菅義偉首相が1日夜、小池百合子都知事との面会後、記者団に明らかにした。

  菅首相は、「小池都知事からGoToトラベルについて、65歳を超える高齢者の方々、基礎疾患をお持ちの方々の利用の自粛を呼び掛けたいとの要請あった」と説明。都の対応に理解を示した上で、「国と東京都がしっかりと連携し、感染拡大を何としても阻止することで一致した」と語った。

  小池知事は、自粛期間は17日までと説明。都は当初、停止を要請したとした上で、「いろいろ考えて、その中で自粛という結論に至っている」と述べた。

  「Go Toトラベル」を巡っては、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が感染拡大地域を目的地とする旅行の新規予約を一時停止する措置を決め、札幌、大阪両市を対象から除外した。その後、専門家からの指摘を受け、両市からの出発分も自粛するよう呼び掛けた。

(小池知事のコメントを追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE