コンテンツにスキップする

伊ウニクレディトのムスティエCEOが辞任へ-株価下落

イタリアの銀行ウニクレディトは11月30日、ジャンピエール・ムスティエ最高経営責任者(CEO)が辞任すると発表した。同行を4年余り率いて業績改善に貢献したムスティエ氏だが、戦略を巡る取締役会との対立を踏まえ、同行を去ることを決めた。

Unicredit SpA CEO Jean-Pierre Mustier Interview

ジャンピエール・ムスティエ氏

写真家:ジェイソン・アルデン/ブルームバーグ

  ウニクレディトによれば、ムスティエ氏(59)はCEOの任期が終わる来年4月まで、もしくは後任指名まで同職にとどまる。取締役会は外部の人材を含め次期CEO選びを進めるという。

  12月1日のイタリア株式市場では、ウニクレディトの株価が一時8%を超える下げとなった。

  事情に詳しい関係者は先に、ムスティエ氏の後任となる複数のCEO候補に取締役会が接触を開始したと明らかにしていた。

関連記事
イタリア政府、ウニクレディトにモンテ・パスキ株取得を打診-関係者(9月配信)

原題:UniCredit CEO Mustier to Step Down After Clashes With Board (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE