コンテンツにスキップする

国民は携帯料金プランの見直し検討を-官房長官が呼び掛け

更新日時

加藤勝信官房長官は1日の閣議後会見で、携帯電話料金について「国民の皆さんにもぜひ、この機会にご自身の料金プランを確認し、ニーズにあった料金プランや事業者の見直しをしていただくことをお願いしたい」と呼び掛けた。

  月上限20ギガ以上のプランに加入している人が全体の4割いる一方、月当たり実際に20ギガ以上使っている人は1割強しかいないとして「加入しているプランとミスマッチがある」と指摘した。NTTドコモが携帯電話の主力ブランドで料金を引き下げる方向で最終調整に入ったと、1日付の日本経済新聞が報じたことについて問われ、加藤氏が発言した。

  SMBC日興証券の菊池悟シニアアナリストは、菅義偉政権にとっては携帯電話料金の値下げで「小さい実績を出していくことに意味がある。ちょっと勝っているよ、ということでないと国民の支持を維持できない」と指摘。各社が一つ一つ対応を積み重ねることで「結果として合理的な携帯プランがだんだん出てくる」との見方を示した。

(アナリストのコメントを追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE