コンテンツにスキップする

民主支持の金融業界関係者、ジョージア州上院選の党候補には冷ややか

  • 民主党が2議席とも獲得なら増税などにつながると懸念
  • 金融業界の民主党支持者の大半は「ねじれ」を期待-ノボグラーツ氏

ウォール街で働く裕福な民主党支持者たちは、11月の米大統領選での現職ドナルド・トランプ氏の敗北を歓迎したが、その一部はジョージア州での上院2議席の決選投票で民主党候補を支持することにほとんど関心を示してない。

  証券・投資会社の従業員は、トランプ氏に勝利した民主党のバイデン前大統領の陣営およびバイデン氏を支援するスーパーPAC(特別政治行動委員会)に総額約7700万ドル(約80億円)を献金した。トランプ陣営への献金を4倍余り上回る額だ。だが、来年1月5日のジョージア州決選投票の2人の民主党候補はこのような圧倒的な支持を期待できない公算が大きい。選挙結果は上院の勢力図に大きな影響を与えかねない。

  ウォール街関係者にとっては、共和党の上院過半数維持は、法人税やキャピタルゲイン課税の引き上げや、金融業界の利益と一致しないその他政策の回避につながる。

  「ウォール街の民主党支持者の大半とバイデン氏に投票した共和党支持者全員は、ねじれ状態を望んでいる」と、ヘッジファンド運営者でギャラクシー・デジタルの創業者であるマイク・ノボグラーツ氏は指摘する。

Warnock Loeffler Perdue Ossoff combo

左からラファエル・ウォーノック氏、ケリー・ロフラー氏、デービッド・パーデュー氏、ジョン・オソフ氏

出典:ブルームバーグ

  ジョージア州決選投票では民主党候補のジョン・オソフ氏とラファエル・ウォーノック氏が、共和党現職のデービッド・パーデュー氏とケリー・ロフラー氏に挑む。

  ノボグラーツ氏によると、#winbothseatsへの献金を呼び掛ける電子メールに対し、民主党支持者の消極的な態度に直面しているという。同氏はこの運動を展開するグループの共同創設者。テクノロジー業界の起業家で2020年の大統領選に出馬したアンドルー・ヤン氏なども同グループに関わっている。

  「バイデン氏に投票した人からは『サンキュー・バット・ノーサンキュー』や『いったい何のことだ』といった反応が多かった」とノボグラーツ氏は説明。それでも#winbothseatsと自身が関連する別の団体向けに200万ドル余りを集めることを支援できたと述べた。

  民主党がジョージア州決選投票で2議席とも獲得した場合、同党の勢力は半数の50議席に伸びる。上院本会議の採決で賛否同数となった場合のみ、上院議長を兼任する副大統領が投票権を持つ。

Democratic Nominees For Senate Raphael Warnock And Jon Ossoff GOTV Event

ジョン・オソフ氏とラファエル・ウォーノック氏(11月19日、ジョージア州ジョーンズボロ)

写真家:ダスティンチェンバーズ/ブルームバーグ

原題:
Some Wall Street Democrats Are Sitting Out Georgia Senate Races(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE