コンテンツにスキップする

【欧州市況】株は月間ベースで最大の上げ、イタリアとドイツ債下落

30日の欧州株は下落。取引終盤にかけて上げを失った。月間ベースでは過去最大の上げを記録した。物色の矛先がバリュー株へと向かい、ストックス欧州600指数は11月に14%値上がりした。

  ストックス600指数は1%安。エネルギーや銀行株が特に値下がりした。両セクターはいずれも月間で30%超の上昇となった。この日の欧州株はユーロストックス50指数先物の取引高が増大し、取引終了にかけて売り圧力が見られた。

Vaccine optimism fuels biggest-ever monthly gain for European stocks

  欧州債市場ではイタリア債の利回り曲線がベアスティープ化した。同国10年債に買いが入り、利回りが過去最低を更新する場面もあった。ドイツ債は下落。米モデルナが新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンについて認可を申請する計画が明らかになり、安全逃避の買いが巻き戻された。

  ドイツ債とイタリア債のイールドスプレッドは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大して119bp。

  英国債は幅広い年限で下落。同国政府は12月1日に6年、20年債の入札を実施する。フランスのボーヌ欧州問題担当副大臣が英国と欧州連合(EU)の通商交渉は数日内に合意にこぎ着ける可能性があると述べたことに反応した。

  ドイツ10年債利回りは2bp上げてマイナス0.57%、フランス10年債利回りは2bp上昇してマイナス0.33%、イタリア10年債利回りは3bp上げて0.62%。

原題:Europe Shares Slip in Late Trading, Trimming Record Monthly Gain、Italian Bonds Lead Euro-Area Declines; End-of-Day Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE