コンテンツにスキップする

英国、ファーウェイ製5G機器の導入を禁止へ-来年9月から

  • 2.5億ポンド投じ、無線通信網の調達先多様化を図る
  • NECが参加する英国での実験に資金も提供へ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

英国政府は中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)が製造する第5世代(5G)移動通信システム機器の導入を来年9月末までに禁止する。

  デジタル・文化・メディア・スポーツ省は国内無線通信網の調達先の多様化を図るため、まず2億5000万ポンド(約350億円)を投じる計画を発表、ファーウェイ機器の導入禁止はこの一環だ。

  今回の規制は、ファーウェイに課す制限措置の厳格化を要求している与党・保守党議員からの要求に対応する上でも一助となる可能性がある。

英国、5G通信網からファーウェイを排除-2027年までに完全撤去

  30日に発表された5Gサプライチェーン戦略によれば、政府は事業者の調達先多様化を支援するために商業インセンティブを検討する。ベンダーの世界売上高に占める英国の比率はわずか2%だとし、英当局は需要喚起のために「同じ考えを持った国々」と協力していくとしている。

  政府は2022年までにセキュリティー研究やベンダー間の互換性向上を図るための研究施設も設立し、NECなどが参加する英国での実験に資金も提供する。

原題:U.K. Bans Installation of Huawei 5G Gear From September (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE