コンテンツにスキップする

東証の宮原社長が辞任へ、システム障害で引責-報道

更新日時

東京証券取引所の宮原幸一郎社長は辞任する意向を固めたと、日本経済新聞が30日、関係者を引用し報じた。10月1日に発生したシステム障害で株式売買を終日停止した責任を取る。日本取引所グループの清田瞭最高経営責任者(CEO)は留任し、東証の社長を兼務する。

  東京証券取引所を傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)の広報担当はブルームバーグの問い合わせに対し、コメントを差し控えた。JPXは午後3時半から記者会見を開く。

  

   

(第2段落に東証のコメントを加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE