コンテンツにスキップする

中国の蘇寧易購がeコマース持ち分売却も、資金圧力緩和で-関係者

  • 戦略的・PE投資家の関心探る-複数アドバイザーと作業に取り組む
  • 蘇寧易購は電子商取引事業の評価額として6200億円前後を目指す

中国小売り大手の蘇寧易購が資金調達の圧力を緩和しようと、電子商取引事業の一部持ち分売却を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  同社は戦略的投資家とプライベートエクイティー(未公開株、PE)投資家の関心を探るため、複数のアドバイザーと作業に取り組んでいる。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に語った。

  蘇寧易購はこの電子商取引事業の評価額として60億ドル(約6200億円)前後を目指しているが、同社が接触した投資家候補の一部はもっと低いバリュエーションを提示したという。

  協議は進行中で、持ち分売却に至らない可能性もあると関係者は説明。蘇寧易購の担当者にコメントを求めたが、返答はなかった。

原題:Suning.com Is Said to Mull E-Commerce Business Stake Sale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE