コンテンツにスキップする

米国、SMICとCNOOCをブラックリストに追加へ-ロイター

更新日時
  • 中建科工集団と中国国際工程諮詢も-計4社加わりリスト合計35社に
  • CNOOC香港上場部門の株価は14%下落した

米国のトランプ政権は中国人民解放軍とつながりのある企業として中芯国際集成電路製造(SMIC)と中国海洋石油(CNOOC)をブラックリストに加えようとしている。ロイター通信が文書および事情に詳しい匿名の関係者3人の話を基に伝えた。バイデン次期大統領が就任する前にトランプ政権が打ち出している対中強硬策の1つだ。

  文書と関係者によると、ほかに中建科工集団中国国際工程諮詢が、軍が保有または統制している企業のリストに追加される。4社の追加でリストの合計は35社となる。

  ロイターによれば、新たなブラックリストがいつ連邦公報で公表されるかは不明。国防総省はロイターのコメント要請に応じていない。

  CNOOCの上場部門は香港取引所への届け出で、関連の米当局のいずれからも公式の通知は受けていないと説明した。CNOOC株は30日の香港市場で14%下落した。

Shares of CNOOC's listed unit tumbled on U.S. blacklist reports

  国防総省に報道についてのコメントを求めたが、報道官から返答はない。ロイターは先週、トランプ政権が米国からの技術輸出にアクセスできない中国の航空宇宙関連企業など89社のリストを近く発表すると報じていた。

  11月の大統領選挙に敗れた後も次々と中国に対する懲罰的措置を打ち出すトランプ政権の行動は次期政権の対中緊張緩和の取り組みの妨げになる一方、米国側にとって交渉のてこになるとの見方もある。

  中国は米中の協力関係を政治問題化することに反対すると表明。外務省の華春瑩報道官は30日、「米国が国家安全保障のコンセプトを拡大解釈し中国企業に制裁を科したり差別的措置を取るのをやめ、米国で事業展開する中国企業に対してオープンで公正かつ差別のない環境を提供することを望む」と語った。

  SMICは米政府とは建設的な話し合いをしているとするコメントを出し、中国軍との関係はなく、軍事目的の生産もしていないと説明した。同社の株価は30日の香港市場で2.7%安。

原題:U.S. to Add China’s SMIC, CNOOC to Blacklist, Reuters Says (3)U.S. to Add China’s SMIC, CNOOC to Blacklist, Reuters Says (2)、U.S. Poised to Add SMIC, CNOOC to Defense Blacklist: Reuters、CNOOC Targeted by U.S. After Years of South China Sea Tension(抜粋)

(CNOOCとSMIC、中国外務省のコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE