, コンテンツにスキップする

中国製造業PMI、11月は約3年ぶり高水準-年末需要が支え

更新日時
  • 製造業の回復は引き続きまだら模様-国家統計局エコノミスト
  • 人民元上昇と世界的な新型コロナ感染再拡大で先行き輸出に影響も

中国の製造業活動を測る国家統計局の指数が11月に予想を上回るペースで上昇した。景気回復の勢いが年末に向け増していることが示唆された。

  統計局が30日発表した11月の製造業購買担当者指数(PMI)は52.1と10月の51.4から上昇し、2017年9月以来の高水準となった。ブルームバーグのエコノミスト調査では51.5(中央値)と予想されていた。

  11月の非製造業PMIも56.4に上昇。前月は56.2で、予想中央値は56だった。11月のPMI総合指数は55.7と、10月の55.3から上昇した。PMIは50が拡大と縮小の境目。

China's PMI's at multi-year highs

  バンガード・グループのアジア太平洋担当チーフエコノミスト、チエン・ワン氏はブルームバーグテレビジョンで、年末のホリデーシーズンに関連する購入で中国内外の需要が支えられていると述べた上で、数カ月後に勢いが少し和らぐ可能性があるとも指摘した。

  統計局の趙慶河エコノミストは統計と共に発表された声明で、製造業の回復は引き続きまだら模様で、人民元の上昇により利益と輸出受注が圧力を受けている企業もあると分析。

  INGグループの大中華圏担当チーフエコノミスト、アイリス・パン氏は、世界的な新型コロナウイルス感染再拡大でロックダウン(都市封鎖)が続けば輸出受注の重しになり得ると予想し、「中国製造業PMIの上昇は主に国内の新規受注増と原材料の値上がりによるものだ」と語った。

原題:China’s Factory Index Surges to 3-Year High on Strong Demand (1)、China Nov. Manufacturing PMI at 52.1; Est. 51.5(抜粋)

(2段落目以降に情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE