コンテンツにスキップする

コロナワクチン、来月から迅速に提供する方針-米対策チーム

更新日時
  • 米当局は迅速審査できるよう体制を整えてきた-アダムス医務総監
  • 最優先される人々の一部の年内接種は「ほぼ確実」-ファウチ氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

トランプ米政権の新型コロナウイルス対策チームのメンバーは29日のテレビ番組で、コロナワクチンが年内に迅速に提供され、米国内で多くの人が接種を受けられるようになるとの見通しを示した。

  アダムス米医務総監は製薬2社が提出した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの緊急使用許可(EUA)申請について、連邦政府は迅速な審査・認可をできるよう期待していると述べた。

U.S. Surgeon General Jerome Adams Speaks To Media At The White House

アダムス米医務総監

  米ファイザーは今月20日、ドイツのビオンテックと共同で開発したコロナワクチン候補のEUAを米食品医薬品局(FDA)に申請。FDAの諮問委員会はこれについて12月10日の会合で取り上げる予定で、その後に認可が迅速に下る可能性がある。

ファイザー、コロナワクチンの使用許可を申請-12月半ば接種開始も

  アダムス氏は「FOXニュース・サンデー」で、「連邦政府として約束通り、これらのEUAを迅速に審査できるよう体制を整えてきた。24-48時間でワクチンの配布を開始できると期待している」と述べた。

  同氏はまた、年末までに4000万回分のワクチンが生産されると予想。米国では来年第2四半期の早い段階までに、大半の人がワクチンを利用できるようになるとの見通しを示した。

  米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のファウチ所長もNBCの番組「ミート・ザ・プレス」で、最優先される人口層の一部が年末までに接種を受けることは「ほぼ確実だ」と話した。

  ただファウチ氏は、12月に入ってからの数週間でコロナ感染がさらに広がる恐れがあると懸念を示した。「人々を怖がらせたいわけではなく、私が言いたいのは対策を講じるのに遅過ぎることはないということだけだ」と語った。

原題:Covid Task Force Promises Rapid December Vaccine Rollout (1)(抜粋)

(ファウチ氏の発言などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE