コンテンツにスキップする

ファイザーのコロナワクチン認可、英国が最初の国となる方向

  • ビオンテックとの共同開発ワクチン、週明け早々にも認可-関係者
  • ファイザーのコロナワクチン接種、12月7日から開始の可能性-FT

ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発する新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンを巡り、英国が認可する最初の国となりそうだ。

  事情に詳しい関係者によると、週明け早々にも認可される可能性がある。部外秘のプロセスだとして匿名を条件に話した。

  英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は23日、ファイザーのコロナワクチンが必要基準を満たしているのか評価する上で求めていたデータを受け取ったと発表。「審査の徹底を損ねずにできるだけ早く判断する」としていた。英政府は2回接種するファイザーのワクチンを2000万人分発注済み。

英、アストラのワクチンでEUより先の認可目指す-特別ルール発動

Hedging Bets

The U.K. has agreed to buy more than 350 million doses of Covid-19 vaccines

Duke Global Health Innovation Center

Chart excludes options for additional doses

  MHRAの報道官は28日、コメントを控えた。ビオンテックの担当者は現時点でコメントがなかった。ファイザーは資料で、審査手続きがどの程度続くのかやどのような形で終わるのかについて推測しないと説明した。

  英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、ファイザーのコロナワクチン接種が12月7日から始まる可能性があるとこれより先に報じていた。

原題:U.K. Set to Be First to Clear Pfizer-BioNTech Covid Vaccine (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE