コンテンツにスキップする

米大統領選のペンシルベニア州訴訟、高裁がトランプ陣営の訴えを棄却

米大統領選を巡りトランプ陣営がペンシルベニア州でのバイデン氏勝利の認定差し止めを求めていた訴訟で、連邦高裁は27日、その訴えを退けた。

  高裁の棄却判断により、同案件は連邦最高裁に持ち込まれる可能性がある。トランプ大統領はこれまで、6対3で保守派が過半数を占める最高裁が自身に有利な判断を下す可能性があるとの考えを示している。

  ただ大半の法律専門家は、証拠がなく、大統領選の結果を覆すことにもならない案件を最高裁が取り上げることに懐疑的な見方を示している。

原題:Trump’s Pennsylvania Election Suit Rejected by Appeals Court(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE