コンテンツにスキップする

米制裁から解放へ、スマホ部門「栄耀」売却で-ファーウェイCEO

  • 売却後のオナー、新たなリーダ-シップ下で迅速に生産再開する
  • 「米国は多くの優れた企業を擁するテクノロジー超大国」とも指摘

中国の華為技術(ファーウェイ)が売却した低価格帯スマートフォン部門「栄耀(オナー)」について、任正非最高経営責任者(CEO)は同社から「明白に分離」されたことで米国の制裁の対象から逃れ世界最大のスマホ市場である中国での新たな有力企業誕生につながるとの認識を示した。

  ファーウェイを創業した任氏は従業員向け文書で、同社封じ込めを図るトランプ政権を批判した上で、オナーが米国製の回路やソフトウエアへのアクセスを取り戻した後に急速に生産を再開するとの見通しを示した。

ファーウェイ、低価格スマホ「オナー」売却-米の半導体供給遮断後

Billionaire Huawei Founder Ren Zhenfei Defiant in Face of Existential Threat

任正非氏

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

  「米国からの攻撃の波に直面し、米当局がわれわれを調整しようとしているのではなく、殺そうとしていることにようやく気付いた」と任氏はコメント。オナーと「いったん離婚すれば、内密な関係はもはやない。われわれは大人のやり方で別れ、規制や国際基準を厳密に順守する」とコメントした。

The Huawei Barometer

Policy on use of equipment from China's Huawei in 5G mobile networks

Note: As of Oct. 2020.

  ファーウェイは今月中旬、政府系の深圳市智恵城市科技発展集団がまとめた30社余りの中国企業から成るコンソーシアムにオナーを売却することで合意したと発表。

  任氏は「新たなリーダーシップの下でオナーは極めて迅速に生産を再開し、上下流のパートナーに影響を与えている問題を解決する」と説明。「米国は多くの優れた企業を擁するテクノロジー超大国だ。これら企業と着実かつ大胆に協力する必要がある」とも指摘した。

原題:Huawei Founder Says Phone Unit Sale Will Free It From U.S. Curbs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE