, コンテンツにスキップする

GoToトラベル、大阪・札幌出発分も利用自粛を呼び掛け-菅首相

菅義偉首相は27日、観光支援事業「Go Toトラベル」に関し、到着分を対象から除外している大阪、札幌両市については「出発分も利用を控えるよう直ちに呼び掛ける」との方針を明らかにした。

  新型コロナウイルス感染症対策本部で語った。菅首相は「キャンセル代については、利用者やホテル、旅館の負担がないように措置をする」とも述べた。

  専門家らでつくる分科会は感染拡大地域を目的地とする旅行だけでなく、該当する地域からの出発分も除外するよう提言していた。

  NHKによると、北海道の鈴木直道知事は、キャンセルなどに対応する措置が取られた場合は札幌市を出発する旅行の除外に同意する考えを示した。

  東京都の小池百合子知事は記者会見で、感染を抑えるには、感染拡大地域を出発地とする旅行も「セットで判断していく必要があろうかと思う」と指摘。東京を除外の対象にするかは、「全国的な視点が必要であるからこそ、国が判断すべきだ」と語った。

  都内では27日、新たに570人の新型コロナウイルス感染者を確認。21日の539人を上回り、過去最多を更新した。重症者数も61人と高い水準が続いている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE