, コンテンツにスキップする

英、アストラのワクチンでEUより先の認可目指す-特別ルール発動

  • 暫定的な出荷をMHRAが認可できるようにした-ハンコック保健相
  • 承認プロセス迅速化で来月から集団予防接種プログラム開始と期待

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

英国のハンコック保健・社会福祉相はアストラゼネカの新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの実用化を加速させるため、英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)に対し、欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)より先に認可を与えるよう求めた。

  英国のEU離脱移行期間が今年末に終了するまでは、ワクチンはEMAの承認を必要とする。だがハンコック氏は27日、アストラゼネカが英オックスフォード大学と開発中のワクチンについて、データが十分堅固と判断されればMHRAが暫定的な出荷を認可できるよう特別ルールを発動したことを明らかにした。今週発表されたデータでは、同ワクチンの高い有効性が示された。

  ハンコック氏は発表文で、「われわれは規制当局に対し、オックスフォード・アストラゼネカのワクチンの評価を実施し、データを理解した上で厳しい安全性基準を満たすかどうか判断するよう正式に要請した」と説明。「この書簡はワクチンをできるだけ迅速かつ安全に実用化することに向けた重要な一歩だ」とした。

  英政府は承認プロセスを迅速化することで来月から集団予防接種のプログラムに着手できると期待している。政府は事前に1億回分を購入、そのうち400万回分を年内に提供できると予測している。

アストラ、コロナワクチンで新たな世界的試験実施の公算-CEO

原題:
U.K. Takes Steps to Get AstraZeneca Vaccine Approved Before EU(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE