コンテンツにスキップする

トランプ氏、24年大統領選出馬を計画-執務室で側近に明かすと関係者

  • オブライエン氏とポンペオ氏、ペンス氏に執務室で伝えたと関係者
  • オブライエン氏は「われわれは100%あなたの味方」と述べたという

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が東南アジア歴訪に出発する数日前のことだ。トランプ大統領はホワイトハウスの大統領執務室で、オブライエン氏とポンペオ国務長官、ペンス副大統領にあるニュースを伝えた。

  トランプ氏は、11月3日の大統領選でバイデン前副大統領に敗北したという結果を覆すことができない場合、2024年の大統領選への再出馬を計画していると彼らに話した。

  選挙の10日後に交わされたこの会話の内容を知る関係者2人によれば、オブライエン氏は「あなたがそうするのなら、この部屋にいる全員の意向を代弁することになると思うが、われわれは100%あなたの味方だ」と述べたという。

  ポンペオ氏とペンス氏は、24年大統領選で共和党の公認指名を争う候補と目されており、関係者によると、2人はその場でほほ笑み、何も語らなかったという。

  関係者2人によれば、大統領の一部顧問らの間では、選挙の数日後にトランプ氏がツイートで解任を発表したエスパー前国防長官と対比し、そのような扱いを受けなかったオブライエン氏は幸運だと冗談半分の会話が交わされているという。

  国家安全保障会議(NSC)と国務省はコメントを控えている。メドウズ米大統領首席補佐官は「われわれは大統領執務室の会議についてコメントしない。コメントする人々はたいてい正しくない」との声明を出した。

White House Press Secretary Kayleigh McEnany Holds Briefing

ロバート・オブライエン氏

撮影:クリス・クレポニス/ ポラリス・インダストリーズ /ブルームバーグ

原題:Top Trump Aide O’Brien Shadowed in Asia by U.S. Election Tumult(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE