コンテンツにスキップする

トランプ米大統領、選挙人団がバイデン氏に投票なら政権手放す

更新日時
  • 「確かにそうする。分かるだろう」と選挙後初めて記者の質問に返答
  • 敗北を認めるのは非常に難しいことだと述べ、不正に引き続き言及
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Pete Marovich/Getty Images North America

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

トランプ米大統領は26日、今年の大統領選について、12月に選挙人団が民主党候補のバイデン前副大統領に投票すれば、政権を手放し、ホワイトハウスを去る意向を示唆した。

  トランプ大統領はホワイトハウスで、大統領選での敗北後初めて記者団の質問に答えた。バイデン氏の勝利を選挙人団が確認した場合、ホワイトハウスの建物を物理的に去るかとの質問に対し、大統領は「確かにそうする。分かるだろう」と語った。

  さらに敗北を正式に認めるか迫られると返答せず、「敗北を認めるのは非常に難しいことだ」と発言。バイデン氏の勝利を選挙人団が確認したとしても、「彼らがそうするなら、間違いを犯したことになる。今回の選挙は不正だ」と述べ、11月3日の大統領選の開票結果集計に関し、自らが主張する不正行為に引き続き言及した。  

President Trump Holds Thanksgiving Videoconference With Members Of The Military

トランプ大統領(11月26日)

  トランプ氏はまた、「われわれの選挙プロセスに全世界が注目し、全世界が笑いものにしている」と話し、バイデン氏について「8000万票を獲得できる候補ではない。彼が8000万票を得る手段があるとすれば、大掛かりな不正によってだけだ」と主張した。

  取り沙汰されている2024年大統領選への出馬を巡る質問には、「24年についてはまだ話したくない」と返答。来年1月20日のバイデン氏の大統領就任式に出席するかどうかについては、「正直に言おう。私はその答えを知っているが、まだ言いたくない」と明言を避けた。

  米国憲法の規定に従い、選挙人は12月14日に投票し、各州の投票結果を記録した書類が同月23日までに上院議長(副大統領)に送付される仕組みとなっている。

原題:Trump, Still Defiant, Will Give Up Power if College Backs BidenTrump Defiant in Thanksgiving Remarks, Unwilling to Concede(抜粋)

(トランプ氏の発言の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE