コンテンツにスキップする

伝説的サッカー選手マラドーナ氏死去、アルゼンチンをW杯優勝に導く

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

史上最高のサッカー選手と評されるディエゴ・マラドーナ氏が死去した。60歳だった。母国アルゼンチンと同様、浮き沈みの激しい人生を送った。

  同国紙クラリンによると、死因は心臓発作。脳の血栓を除去する手術を今月に受けていた。

  マラドーナ氏は1986年のサッカーワールドカップ(W杯)でアルゼンチンを優勝に導いたほか、同国とイタリアのクラブ在籍時にリーグ優勝を成し遂げ、英雄視される存在に上り詰めた。相手チームの選手を次々と抜き去ってゴールを決める華麗なプレーと技術、才能でサッカーの歴史に名を残した一方、薬物依存との闘いは世界のメディアを何度もにぎわせた。

Maradona

現役時代のディエゴ・マラドーナ氏(1994年)

  

  ブラジルの名サッカー選手だったジーコ氏は2005年、マラドーナ氏が「史上最高だ。疑問の余地はない」と称賛。「神ですらも不可能だと思うようなことを、マラドーナ氏がやってのけるのを目にした」と語っていた。

  引退後のマラドーナ氏は、コカイン中毒を原因とする心臓の問題を抱え、体重と体調は激しく変動。サッカーだけでなく私生活でも、やるかやられるかの姿勢を貫くかのようだった。

関連記事(2014年2月配信)
イングランド銀に「マラドーナ理論」が味方-ECBやFOMCも活用

原題:
Maradona, Soccer Icon Who Led Argentina to Glory, Dies at 60(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE