コンテンツにスキップする

IBM、欧州で従業員約1万人削減へ-ITサービス事業の分離を視野

IBMは欧州で約1万人を削減する計画だ。低成長のサービス事業でコストを引き下げ、スピンオフ(分離・独立)の準備を整える狙いがある。

  事情に詳しい関係者によると、欧州地域の従業員のおよそ20%に影響が及ぶ。国別で最も大幅な削減となるのは英国とドイツだが、ポーランドやスロバキア、イタリア、ベルギーでも削減が計画されている。

  IBMは今月開かれた欧州労働組合の代表者会合で人員削減を明らかにしたと、手続きについて説明を受けた労組関係者が語った。この関係者は協議が非公開であることを理由に匿名を要請した。

  IBMの広報担当者は「人員に関する決定は、オープンなハイブリッドクラウドプラットフォームとAI能力を導入する上で、顧客に最善のサポートを提供することが目的だ」と電子メールで回答。「顧客のニーズに最大限応じられるよう、従業員の訓練と技能開発に大規模な投資を継続していく」と説明した。

  顧客データセンターの管理や、インストールやオペレーション、機器のメンテナンスなど従来型の顧客サポートを行うITサービス事業が削減の中心となる。

原題:
IBM Planning About 10,000 Job Cuts in Europe Ahead of Unit Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE