コンテンツにスキップする

EU、企業に個人データのアクセス認める新提案-イノベーション支援

欧州連合(EU)は企業に公共および個人のデータへのアクセスを認める新たな規定を提案した。米国やアジアの大手企業に対抗する取り組みで、気候変動や医療といった分野でのイノベーションを後押しする。

  欧州委員会が提案した規定は、通常であればプライバシーや商業的な機密情報、知的財産権によってブロックされているデータへのアクセスを企業や研究機関に認めるもので、非商業目的のリサーチのためにデータを提供することも容易になる。

  この規定もEUの一般データ保護規則(GDPR)の適用対象であり、企業や公的機関はプライバシーの尊重を確保するために技術的な解決策を講じる必要がある。

  欧州委員会のブルトン委員(域内市場担当)は「われわれの経済において産業データの役割はこれまで以上に拡大しており、欧州はデータについてオープンでありながら独立した単一市場を必要としている」と述べ、今回の規制が「データ面で欧州を世界一の大陸にする一助になるだろう」との認識を示した。

原題:EU to Allow Companies Access to Private Data to Boost Innovation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE