コンテンツにスキップする

中国株のCSI300指数、今月最大の下げ-流動性に懸念

  • CSI300指数は1.3%安-2日前に終値で5年ぶり高値付けたばかり
  • 最近の株高を支援するには金融システムの流動性が不十分との見方

25日の中国株式相場は下落。CSI300指数は今月に入り最も大きな下げとなった。最近の株高を支援するには金融システムの流動性が不十分との懸念が広がった。

  CSI300指数は前日比1.3%安で引けた。2日前に終値で5年ぶりの高値を付けたばかりだった。流動性に左右されやすい創業板(チャイネクスト)指数は2.2%下落し、先月23日以来の安値。上海総合指数は1.2%安。

  市場には新型コロナウイルス感染拡大からの景気持ち直しで、中国人民銀行(中央銀行)が金融政策を引き締め気味にするのではないかとの懸念がある。これに政府とつながりのある企業の最近の社債デフォルト(債務不履行)が追い打ちを掛けている。

中国人民銀、刺激策縮小の方向変わらずか-社債デフォルト続いても

China stocks drop two days after ending at highest since 2015

原題:China Stocks Retreat the Most in 3 Weeks on Liquidity Jitters(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE