コンテンツにスキップする

香港、中国との株取引接続拡大へ-重複上場銘柄は今後も除外

  • 上海証取の科創板で売買される銘柄保有を海外投資家に認める
  • アリババグループなど重複上場銘柄は除外続く

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は25日、中国本土の証券取引所との株式取引接続の範囲を拡大すると表明した。現地と海外の投資家により幅広い証券への投資機会を提供する。

  林鄭長官は施政方針演説に当たる年次の施政報告で、本土の投資家が香港に上場するバイオテクノロジー銘柄を初めて購入することができるようにする一方、上海証取の科創板(STAR)で売買される銘柄の保有を海外投資家に認めると述べた。ただ、アリババグループなど重複上場や加重議決権を持つ銘柄は今後も除外される。

香港行政長官、中国との関係強化表明-年次の施政方針演説で

Hong Kong Chief Executive Carrie Lam Delivers Policy Address

香港立法会で施政報告に臨む林鄭月娥行政長官(11月25日)

原題:H.K. to Expand China Trading Link to Star Board, Biotech (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE