コンテンツにスキップする

インド、新たに43の中国製アプリ禁止-200余りがブラックリスト入り

  • アリババの「アリエクスプレス」や「淘宝直播」も対象に
  • 10余りの出会い系アプリやゲームプラットフォームも禁じられた

インドは新たに43の中国製アプリを禁止した。アリババグループの一部ショッピングサービスも含まれ、これで200余りのモバイルアプリがブラックリスト入りした。

  アリババ運営のアプリでは、国外の買い手向けオンラインモールとして最大級の「アリエクスプレス」や動画を利用して商品を販売する「淘宝直播(タオバオライブ)」なども対象となった。

  10余りの出会い系アプリやゲームプラットフォームも禁止された。テンセント・ホールディングス(騰訊)の「微信(ウィーチャト)」や北京字節跳動科技(バイトダンス)の「TikTok(ティックトック)」などはすでに禁じられている。

  インド政府はこうしたアプリ禁止措置は国家安全保障を守るためだと説明している。

関連記事

原題:India Blocks Several Alibaba Apps in Widening Chinese Blacklist(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE