コンテンツにスキップする

イスラエル首相がサウジを極秘訪問との報道-皇太子と協議か

  • ムハンマド皇太子とポンペオ米国務長官を交えて協議か
  • サウジ外相はツイートでイスラエルとの会談の事実を否定

イスラエルのネタニヤフ首相は22日、サウジアラビアを極秘に訪問し、ムハンマド皇太子とポンペオ米国務長官の3者で会談を行ったと、イスラエルのメディアが報じた。中東の両国に国交はなく、関係改善に向け大きな進展となる可能性がある。

  イスラエルのガラント教育相は23日のラジオ局とのインタビューで、サウジの都市ネオムで22日夜に行われた極秘会談について、「素晴らしい成果」だったと述べた。サウジ当局者が会談の事実を否定し、ネタニヤフ氏もこの件についてコメントを控える中、ガラント氏の発言は報道内容を認めた格好となった。

  会談では国交正常化や、対立するイランへの対応などを中心に協議が行われたが、合意には至らなかったと、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が匿名のサウジ政府上級顧問1人を引用して報じた。

  サウジのファイサル外相はツイートでイスラエルとの会談の事実を否定。だが、イスラエル当局者がネオムを訪れたことについては否定しなかったほか、ポンペオ氏がネタニヤフ首相とムハンマド皇太子の仲介役を担った可能性も排除しなかった。

  オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)はコメントを控えた。

原題:Netanyahu Met Saudi Prince on Secret Trip, Israeli Media Say (5)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE