コンテンツにスキップする

次期米財務長官のFRB未使用資金の利用、議会承認必要になる見通し

  • ムニューシン長官はFRBからの返還資金を一般基金に組み入れへ
  • 長官の措置、民主党側は違法と指摘-財務省報道官は合法的と反論

ムニューシン米財務長官は、新型コロナウイルス禍に対応する連邦準備制度理事会(FRB)の緊急融資プログラムの資金のうち、FRBから返還される未使用分4550億ドル(約47兆6000億円)について、一般基金に組み入れる方針だ。財務省報道官が24日明らかにした。

  この結果、バイデン次期大統領が財務長官に指名する計画のイエレン前連邦準備制度理事会(FRB)議長が上院での承認を経て長官に就任した場合でも、この資金を再びFRBのプログラムに充当するには議会承認が必要となる可能性がある。

U.S. Treasury Secretary Steven Mnuchin Interview

米財務省

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  コロナウイルス支援・救済・経済安全保障(CARES)法に基づく資金使途を監視する議会委員会の民主党メンバー、バーラット・ラマムルティ氏は同省のこうした動きを批判した上で、「朗報なのはそれが違法であり、来年には覆すことができる点だ」と語った。

  同省報道官はこれに対し、FRBのプログラムの根拠となった同法に照らしてムニューシン長官の措置は合法的と解釈されると反論し、ラマムルティ氏の主張を退けた。同省ウェブサイトは一般基金について、立法に基づく権限がある場合のみ使用できると説明している。

  バイデン氏の政権移行チームは先週、FRBに対するムニューシン長官の資金返還要請を「極めて無責任」なものだと非難。しかし同長官は、こうした措置はバイデン次期政権の景気支援のための選択肢を狭めようと狙ったものではないと弁明した。

パウエル議長、FRBは未使用資金を財務省に返還へ-要請に応じ

原題:Mnuchin Plans to Put $455 Billion Beyond Yellen’s Easy Reach (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE