, コンテンツにスキップする
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg
cojp

世界の航空業界、今年と来年の赤字額は合計1570億ドルに-IATA

Seats stand empty at an American Airlines Group Inc. and Delta Air Lines, Inc. passenger check-in area at Tulsa International Airport (TUL) in Tulsa, Oklahoma, U.S., on Thursday, Oct. 1, 2020. American Airlines Group Inc. and United Airlines Holdings Inc.will start laying off thousands of employees as scheduled, spurning Treasury Secretary Steven Mnuchin’s appeal for a delay as he negotiates with Congress over an economic relief plan that includes payroll support for U.S. carriers.
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

新型コロナウイルスの感染拡大で過去最大の損失に苦しむ航空業界は、来年も損失を免れないと国際航空運送協会(IATA)が試算した。ワクチン接種プログラムによる旅行需要の回復には時間がかかるという。

  24日の発表によれば、来年の航空業界の損失額は約390億ドル(約4兆780億円)と予想されている。6月予想の2倍を超える。今年の見通しは1185億ドルの赤字と、従来予想から赤字額が40%引き上げられた。新型コロナの感染再拡大に伴う新たな制限措置で、盛り返しつつあった航空需要は再び失速した。

  今年と来年の損失規模は合計で、2008ー09年のリセッション(景気後退)時の5倍に相当するという。

原題:Airlines See Losses Swelling to $157 Billion Before Virus Clears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE