コンテンツにスキップする

Ifo期待指数は11月に低下、新型コロナの制限再導入で見通し悪化

ドイツ企業の間では景気見通しに対する自信が失われつつある。新型コロナウイルスの感染再拡大によって制限措置が再導入され、景気回復にブレーキがかかっている。

  Ifo経済研究所が発表した11月の期待指数は91.5と前月の94.7から低下。エコノミスト予想を上回る落ち込みだった。特にサービス業で見通しが悪化した。一時的な営業停止や社会活動の制限によって利益が損なわれ、破綻の危機にさらされている。

  ホスピタリティー業界では70%以上の企業が破綻を懸念しており、20%程度の企業は今月を乗り切ることができるのかどうか不安を抱いている。Ifoによると、業種別でのホテルとホスピタリティーの指数は「まさに急降下」した。

  Ifoのクレメンス・フュースト所長はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「制限措置が導入されては解除されるという不確実性がしばらく続くという事実を、企業は多少なりとも仕方なく受け止めている」と指摘した。

German business confidence slides amid virus restrictions

原題:Germany’s Business Outlook Worsens After Short-Lived Rebound (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE