, コンテンツにスキップする

株式から年内3000億ドル流出も、リバランスで資金移動-JPモルガン

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

リバランスによる資金移動で、今年末までに世界の株式から3000億ドル(約31兆1300億円)程度の資金が流出する可能性があるとの見解を、JPモルガン・チェースが示した。

  ニコラオス・パニギリツオグル氏ら同行のストラテジストは20日付のリポートで、今月に入り株式が大幅に上昇したため、大口のマルチアセット投資家は資金を株式から債券に配分する必要があるかもしれないと指摘。この大口投資家には株式6割、債券4割といったポートフォリオ戦略をとるバランス型投信や米国の確定給付型年金プラン、ノルウェー政府系ファンド(SWF)を運用するノルウェー中央銀行、日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)などが含まれるという。

  「株式市場は目先、ある程度売られやすくなるとみている。7兆ドルに上る規模を持つバランス型投信は目標とする6対4の配分に戻すため、11月末または遅くとも12月末までに世界で株式を1600億ドル前後売却しなければならないだろう」と、パニギリツオグル氏らは予測した。

  同氏らはまた、株式相場の上昇が12月も続く場合、四半期ベースでリバランスを行う傾向がある年金ファンドなどは、同月末にかけてさらに1500億ドル規模の株式を売却する可能性があると指摘した。

Global stocks have outperformed bond returns quarter-to-date

原題:
JPMorgan Sees Possible $300 Billion Rebalancing Flow From Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE