コンテンツにスキップする
cojp

アストラとオックスフォード大のコロナワクチン、高い有効性

更新日時
  • 初回に半分、2回目に全量投与なら有効性は90%に-平均で70%有効
  • 有効性でモデルナやファイザー下回るが、保存が容易などの利点も
relates to アストラとオックスフォード大のコロナワクチン、高い有効性

英オックスフォード大学とアストラゼネカが開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンは、接種を受けた人の大半に対し感染予防の効果があったことが大規模な臨床試験の結果で示された。パンデミック(世界的大流行)の終息に向け、また有望な進展が得られた。来月にも供給が開始される可能性がある。

  データの暫定的な分析によると、ワクチンの有効性は平均70%だった。だが初回の接種で半分の量を投与し、2回目に全量を投与した場合では、有効性は90%に上昇し、米ファイザーとモデルナがそれぞれのワクチンで達成した水準に近づく。

  アストラとオックスフォード大の関係者は規制当局にデータを提出する用意を進めているとし、この異なる試験結果が承認手続きに影響するとは見込んでいないと語った。米国の臨床試験は結果が出るまでまだ時間がかかるため、同国での承認は遅れる可能性があるとの見方を示した。

  今回のデータは英国とブラジルでの臨床試験結果に基づく。被験者のうち感染者が131人に達した段階で分析した。2回の接種でそれぞれ全量を投与した場合の有効性は62%だった。ワクチン投与を受けた被験者のうち重症化した患者はおらず、入院した被験者はいなかった。

  23日のロンドン株式市場でアストラゼネカの株式は一時2.2%下落。同社株は3月以降の上昇率が約30%に達していた。ファイザーとモデルナは結果発表時に急騰した。

Vaccine Race

Countries hedge their bets by reserving various shot candidates

Source: Duke Global Health Innovation Center, Bloomberg data

NOTE: Some orders are for "up to" stated doses; Chart excludes Indonesia, Chile, Egypt, Argentina, Ecuador, Switzerland, Costa Rica.

  約95%の有効性を示したファイザーとモデルナに比べ有効性は低いが、この2社のワクチンが長期の保存や移送に冷凍状態を維持しなければならないのに対し、アストラとオックスフォード大のワクチンは冷蔵庫の温度で済むという利点がある。世界的に配布する上で、特に低・中所得国にとっては扱いが容易で、コストも安く抑えることができる。

  アストラは月間で1億回から2億回分を生産し、来年3月末までに世界全体に3億回分以上を供給する用意が整うと見込む。英国向けには今年末までに最大で400万回分を、3月末までに4000万回分を供給できるとみている。

原題:Astra-Oxford Vaccine Found Highly Effective in Preventing Covid(抜粋)

(全体的に内容を加えて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE