コンテンツにスキップする

バイデン氏、国務長官に長年の側近ブリンケン氏指名へ-関係者

更新日時
  • 国家安全保障問題担当の補佐官にはジェイク・サリバン氏を指名か
  • 次期大統領は24日に一部の閣僚人事を発表見込み-クレイン氏

バイデン次期米大統領は、長年のアドバイザーであるアントニー・ブリンケン氏を国務長官に指名する意向だ。事情に詳しい関係者3人が明らかにしたもので、トランプ大統領が敗北を認める前に閣僚人事に着手する。

  バイデン氏はさらに、かつてヒラリー・クリントン氏の最側近の1人だったジェイク・サリバン氏を国家安全保障問題担当の大統領補佐官に指名する公算が大きい。国連大使にはリンダ・トーマス・グリーンフィールド氏を起用する。関係者によれば、国家安全保障担当補佐官の人事は24日に発表される見込み。

  大統領首席補佐官に指名されたロン・クレイン氏は22日、バイデン氏が24日に閣僚について最初の発表を行う計画だと述べたが、具体的なポストについては言及を控えた。バイデン氏の閣僚人事の計画に詳しい各関係者は、未発表を理由に匿名を条件に語った。

  サリバン(43)、ブリンケン(58)両氏は、いずれも副大統領時代のバイデン氏の国家安全保障問題担当補佐官を務め、ブリンケン氏はその後、オバマ政権の国務副長官に昇格した。

US-POLITICS-RELIGION-REPORT

アンソニー・ブリンケン氏(2016年)

写真家:Brendan Smialowski / AFP / Getty Images

  ブリンケン、サリバン両氏はコメントの要請に返答していない。バイデン氏の報道官はコメントを控えた。

  ブリンケン氏の国務長官指名は、バイデン氏が主要閣僚ポストに経験者を起用し外交政策を同盟関係重視の戦略に戻すことを示唆する。ブリンケン氏はパリ協定やイラン核合意など国際協調路線に戻る取り組みを率いる見込み。また、より厳しい対中姿勢を指揮する公算が大きい。

原題:Biden to Name Longtime Aide Blinken as Secretary of State (2)(抜粋)

(国連大使人事などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE