コンテンツにスキップする

トランプ陣営の訴え認めず、集計巡るペンシルベニア州の訴訟で米地裁

  • 郵便投票を無効とするよう求めてトランプ陣営が提訴していた
  • 州の選管当局は23日にもバイデン氏の勝利認定が可能に

米大統領選の集計を巡りトランプ大統領の陣営が郵便投票を無効とすることを求めて起こしたペンシルベニア州での裁判で、同州の連邦地裁判事は21日、陣営の訴えを退ける判断を下した。証拠がなく、「驚くべき」要求だと同判事は指摘した。

  マシュー・ブラン判事はトランプ陣営の訴えを棄却するよう求めた州側の申し立てを認めた。これにより、同州の選管当局は23日にもバイデン前副大統領の勝利を認定することが可能になる。主要メディアによると、同州ではバイデン氏が8万票余りの差をつけて勝利を収めた。

  トランプ陣営はこの法廷闘争を最高裁に持ち込むため、上訴を検討する構えを見せている。

原題:
Trump Campaign Loses Pennsylvania Suit to Halt Certification (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE