コンテンツにスキップする

菅首相、「Go Toトラベル」一部地域で一時停止を表明

更新日時
  • 「Go Toイート」は食事券の新規発行の一時停止を自治体に要請
  • 西村経済再生相、トラベルの見直しは具体的な制度設計に少し時間
Pedestrians wearing protective masks cross a road in the Shinjuku district of Tokyo, Japan.

Pedestrians wearing protective masks cross a road in the Shinjuku district of Tokyo, Japan.

Photographer: Soichiro Koriyama/Bloomberg
Pedestrians wearing protective masks cross a road in the Shinjuku district of Tokyo, Japan.
Photographer: Soichiro Koriyama/Bloomberg

菅義偉首相は21日、新型コロナウイルス感染症対策として、観光支援事業「Go Toトラベル」について、感染拡大地域を一時対象から外すなどの措置を取ると表明した。感染の急拡大を受け、経済の活性化を強く進める方針を転換した。

  菅首相は政府対策本部の会合後、「Go Toトラベル」について、旅行の新規予約を停止するなどの措置を導入したいと述べた。外食支援事業の「Go Toイート」についても食事券の新規発行の一時停止を自治体に要請した。

  首相は「それぞれの閣僚に感染対策を指示した。まず政府としてできることは速やかに実行する」と述べた。その上で、「重症化しやすい方々や高齢者の方々、医療施設、介護施設において検査を集中的に国費で行う」と表明した。

  西村康稔経済再生担当相は同日夕の会見で、「Go Toトラベル」の見直しについて、具体的制度設計に少し時間がかかるとの見通しを示した。観光庁で具体的な検討を進めているという。

  21日は東京都で過去最多の539人(前日522人)の感染者が確認されるなど感染が広がっている。東京都では65歳以上の高齢者が60人に上り、重症者は40人(累計)で3人増えた。

新規感染者数の推移

出所:東京都

  NHKによると、大阪府や茨城県、千葉県、埼玉県、愛媛県、兵庫県で最多を記録し、1日の感染確認は全国でもこれまでで最も多くなった。

  新型コロナ対策の分科会は20日、感染が急増している地域での「GoToトラベル」の運用見直しなどを提言していた。

(西村経済再生相の会見内容などを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE