コンテンツにスキップする

ブレイナードFRB理事、財務長官候補者リストから外れる-関係者

  • バイデン氏の当選以降、政権移行チームとの間でほとんど接触ない
  • 女性初の財務長官としてイエレン前FRB議長を指名する可能性も

バイデン次期米政権の財務長官候補の1人として、一時有力視されていたブレイナード連邦準備制度理事会(FRB)理事は最終候補者リストから外れたと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。バイデン氏の政権移行チームは主要閣僚ポストなどの候補者の絞り込みを進めている。

Fed Chair Powell Speaks At Fed Listens Event

ブレイナードFRB理事

Photographer: Zach Gibson/Bloomberg

  関係者2人によれば、バイデン氏が当選を確実にして以降、政権移行チームとブレイナード氏との間ではほとんど接触がないという。バイデン氏が候補者を発表していないことを理由に、関係者は匿名で語った。

  ブレイナード氏がリストから外れても、バイデン氏はやはり女性初の財務長官として、イエレン前FRB議長を指名する可能性がある。イエレン氏は気候変動対策として炭素税のアイデアを支持していることなどもあり、民主党の進歩派からも推されている。

  バイデン氏は19日、次期財務長官に誰を指名するかを既に決めたと発言。名前は明らかにしなかったが、民主党の全ての層から受け入れられる人物だと説明しており、イエレン氏であればそれに当てはまると考えられる。

  ブレイナード氏はFRB報道官を通じてコメントを控えた。イエレン氏もコメントを控えた。

関連記事

原題:
Brainard Slips as Treasury Contender With Biden Nearing Choice(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE