コンテンツにスキップする

ジャンク級の南ア格付け、相次ぎ引き下げ-ムーディーズとフィッチ

ムーディーズ・インベスターズ・サービスとフィッチ・レーティングスは20日、ジャンク級(投機的水準)にあった南アフリカ共和国の発行体格付けをさらに引き下げた。

  ムーディーズは南アの外貨建ておよび自国通貨建て格付けを「Ba1」から「Ba2」に引き下げ、格付け見通しを「ネガティブ」に据え置いたと発表。フィッチは同格付けを「BB」から「BB-」に引き下げて格付け見通しを「ネガティブ」とした。

  ムーディーズは発表文で「南アの財政状況が中期的に一段と悪化すると見込まれることがBa2への格下げの主な理由だ」と説明した。

  一方でフィッチは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴い、「南アの経済成長のパフォーマンスは深刻な打撃を受け、国内総生産(GDP)は2022年になっても19年の水準を下回ったままと予想される」とコメントした。

原題:South Africa Descends Deeper Into Junk After Two Downgrades (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE