コンテンツにスキップする

中央銀行によるデジタル通貨発行、早期着手には利点も-ECB調査

デジタル通貨の発行を検討している中央銀行は、早期に着手することによって利点を得られる可能性があると、欧州中央銀行(ECB)の調査が示した。

  ECBのリサーチャー3人が調査したところによると、デジタル通貨を持たない国は、デジタル通貨を持つ国で何か衝撃が発生した際、それによって受ける影響に一段と強力に対応せざるを得ず、金融政策への統制をある程度失う可能性がある。

  同リサーチャーは「中央銀行のデジタル通貨を早期に投入することによって、発行者は先発者利益を得られる可能性がある」と指摘した。

  中国では既に中国人民銀行(中央銀行)が消費者参加型の試験運用を行っており、デジタル通貨への取り組みは大きく進展している。

原題:It’s Better to Be First on Digital Currencies, ECB Study Finds(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE