コンテンツにスキップする

みずほ、シンガポールのオフィス縮小へ-リモート勤務の生産性を確認

  • ニューヨークとロンドンでもオフィススペースを縮小する計画
  • ロックダウン解除後の職場復帰、みずほでは40%程度

みずほフィナンシャルグループはシンガポールのオフィススペースを縮小する。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を踏まえ、世界的な金融センターにおける職場の在り方を見直す。

  みずほは現在、シンガポールの金融街にある「アジアスクエアタワー2」の4フロア(約10万5000平方フィート=約9755平方メートル)を使用しているが、その約16%のスペースを減らす。事情を知る関係者が明らかにした。

  関係者によれば、みずほは「チャンギビジネスパーク」に置くバックアップオフィスのより良い活用方法も探っている。約20万平方フィートのスペースで、今は事業継続性計画の一環として利用している。

  世界中の銀行がパンデミックが収束しても行員に柔軟な働き方を認めることを検討しており、どのようにオフィスを有効利用していくかを模索している。みずほはすでに、ニューヨークとロンドンでオフィススペースを縮小する計画を明らかにしている。両都市ではリモート勤務でも生産性は変わらなかったという。

みずほ、NYとロンドンのオフィス縮小へ-リモート勤務は順調

  以前からリモート勤務を検討していたみずほだが、コロナ危機とロックダウン(都市封鎖)でこうした計画が強化された。シンガポールがロックダウンを6月に解除した後にオフィスに復帰したみずほの従業員は全体の35%のみ。9月には政府がより多くの職場復帰を認めたが、みずほでは依然、全体の40%程度にとどまっていると関係者は説明した。

  関係者によると、オフィススペース縮小はコストを減らすが、それがみずほの狙いではなく、従業員を削減することを示すものでもないという。

  みずほ広報担当の塩野雅子氏(東京在勤)はコメントを控えた。

原題:Mizuho to Cut Singapore Office Space on Work-From-Home Success(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE