コンテンツにスキップする

米カリフォルニア州が夜間外出禁止令-コロナ感染急増に危機感

  • 州民の94%が対象-午後10時から午前5時まで
  • 新規感染件数の増加ペースが7月時点より加速-ニューソム知事

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米カリフォルニア州のニューソム知事は新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めるため、州民のほとんどを対象とする夜間外出禁止令を発動すると発表した。感染第3波が勢いづいているとの危機感が背景にある。

  州知事オフィスの19日の発表文によると、感染が急増している郡では生活に必要不可欠ではない仕事や集会のための外出が午後10時から午前5時まで禁止される。州民の94%が対象となる。今週21日から12月21日まで実施する。

  州当局はこの数日間、旅行を控えることや「感謝祭」の集まりの規模縮小や取りやめを州民に呼び掛けていた。

  ニューソム知事は19日、新規感染件数の増加ペースが7月時点より加速しているため、より思い切った措置が必要になっていると説明した。

原題:
California Orders Late-Night Curfew to Fight Pandemic Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE