コンテンツにスキップする

日産、ピックアップトラック電動化で米新興企業と協議-関係者

更新日時
From
  • ハーキュリーズからの電動パワートレイン購入や部品共有を検討
  • 協議は進行中であり、物別れに終わる可能性もあると関係者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

日産自動車は米デトロイトに拠点を置く新興企業の協力を受け、不振にあえぐ大型ピックアップトラックの電動化を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  匿名で語った関係者によると、日産は「タイタン」向けにハーキュリーズ・エレクトリック・ビークルズから電動パワートレインを購入することや、戦略的提携の可能性を視野に部品の共有を検討している。

  協議は進行中であり、物別れに終わる可能性もあると関係者は述べた。

Inside the 2017 Chicago Auto Show

2018年型の日産「タイタン・キングキャブ」

撮影:ダニエル・アッカー/ブルームバーグ

  日産は競争の激しい米国の大型ピックアップトラック市場で低迷しており、昨年は「タイタン」の需要が38%落ち込んでいた。

  電動化することで、日産は「タイタン」をより環境に優しいピックアップトラックとして再生する道を得られるかもしれない。

  ハーキュリーズは2018年、 ゼネラル・モーターズ(GM)やフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)、自動車部品メーカーのマグナ・インターナショナルでの勤務経験を持つジェームズ・ブレイヤーズ氏が創業。その後、バッテリー製造を手掛ける韓国LG化学で働いていたグレッグ・ウェバー氏らが参画した。

  同社は初の車両である高級電動ピックアップトラック「ハーキュリーズ・アルファ」の生産を22年半ばから開始する予定。

Hercules Alpha

「ハーキュリーズ・アルファ」

参考記事
テスラ、電動トラック「セミ」の納車を2021年に開始へ
GM、ニコラと提携交渉継続-ホンダと開発の水素燃料電池を採用へ
日野とVWのトラック部門、電動化で協業へ-EVやFCVの開発など

原題:Nissan Said to Be in Talks with U.S. Startup to Electrify Pickup(抜粋)

(5段落目を追加します。更新前の記事で見出しを「ピックアップトラック」に訂正済みです)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE