コンテンツにスキップする

バイデン氏、連邦準備制度の金利政策を称賛-「前向きなものだ」

  • ドルを巡る連邦準備制度の取り組みの在り方は有益な方向とも発言
  • トランプ大統領はパウエルFRB議長を繰り返し批判してきた

バイデン次期米大統領は19日、連邦準備制度の金利政策運営について、将来の経済成長につながる可能性のある「前向きなものだ」と述べて称賛した。

  デラウェア州ウィルミントンで記者会見したバイデン氏は、「ドルを巡る連邦準備制度の取り組みの在り方は有益な方向にあると考えられる」とも発言。「金利は近年の歴史を振り返っても低く、建設的だと私は受け止めている」と語った。

  バイデン氏はさらに、連邦準備制度のアプローチは「経済成長を早期に生み出すため、われわれが支出を行うことができる可能性に信用を与えるものだ」と評価した。

  一方、トランプ大統領は、利下げのペースや利下げ幅が不十分だとしてパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長や金融当局を繰り返し批判してきた。

原題:
Biden Praises Fed’s Interest Rate Policy as ‘Positive Thing’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE