コンテンツにスキップする

ロシュ「アクテムラ」、コロナ重症患者の生存助ける-国際臨床試験

スイスのロシュ・ホールディングの「アクテムラ」(一般名トシリズマブ)が新型コロナウイルス感染症(COVID19)重症患者の生存を助けることが国際臨床試験の初期段階の結果で示された。

  インペリアル・カレッジ・ロンドンの19日の発表資料によると、集中治療室の患者はアクテムラ投与後に回復の可能性が高まり、人工呼吸器などに依存する時間が短くなることが示された。COVID19に対する複数の治療方法を試験している幅広い研究の暫定的な分析に基づいている。

  アクテムラをCOVID19重症患者に早期に投与された場合、死亡する確率が3割近く低くなり、患者の生存に寄与する可能性があることが観察研究で分かったと先月発表されていた。

ロシュの「アクテムラ」、コロナ重症患者の死亡を抑制する可能性も

原題:Roche’s Actemra Helps Critically Ill Covid Patients in Test(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE