コンテンツにスキップする

EUは「通商合意なき離脱」への緊急対応策必要-仏大統領が求める

  • ベルギーのデクロー首相と共に策定を呼び掛け-関係者
  • 交渉は打開に向けまだ多くの作業あり、合意批准に必要な時間も切迫

フランスのマクロン大統領は19日にバーチャル形式で開催された欧州連合(EU)首脳会議で、EU離脱に関する英国との交渉が最後の段階で頓挫した場合の対策をまとめるよう呼び掛けた。

  交渉団は早ければ来週の合意成立について水面下で慎重に協議を進めているが、マクロン大統領とベルギーのデクロー首相は「通商合意なき離脱」に備えた緊急対応策の策定開始を他のEU首脳に訴えた。協議に詳しい関係者2人が匿名で語った。

  交渉は8カ月に及んでいるが、長期にわたる交渉行き詰まりの原因を克服する上で双方にはまだ多くの作業があり、合意した場合の批准に必要な時間も切迫している。

  デクロー首相は問題が自然に解決すると期待し続けることはできないとし、協議は当初の期限を越えて既に長期にわたっていると指摘した。

EU首脳「通商合意なき離脱」への緊急対応策を欧州委に要求へ-英紙

原題:EU Leaders Urged to Step Up Preparations for No-Deal Brexit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE