コンテンツにスキップする

モデルナ提携先、ワクチン候補の主要成分の生産を強化-初回分は完了

バイオテクノロジー製品などを手掛けるスイスのロンザグループは先週、提携先の米モデルナが開発する新型コロナウイルスワクチンに含まれる主要成分の初回商業生産分を米国で製造した。欧州での生産は今月末までに開始する計画だ。同社のアルバート・ベーニー会長が明らかにした。

  ロンザは生産ラインの強化と微調整を進めており、この作業は来年までかかる可能性がある。

  ベーニー会長はインタビューで、必要な原材料と人員は確保できると述べ、主な課題は「可能な限り生産を最大限に高めることだ」と指摘した。

relates to モデルナ提携先、ワクチン候補の主要成分の生産を強化-初回分は完了

アルバート・ベーニー会長

原題:Moderna Vaccine Production Is Gearing Up, Partner Lonza Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE