コンテンツにスキップする

習氏がデカップリングないと表明、保護主義に対抗-APEC演説

更新日時
  • 中国は対外開放にコミットしている-これは変わらない
  • イノベーション主導の発展を実行、戦略的優先事項として内需拡大

中国の習近平国家主席は19日午前、クアラルンプールで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の会合で、中国はデカップリング(切り離し)を進めることはないと表明した。

  習主席はビデオ演説で、「『デカップリング』や排他的な小さい集団を形成して歴史的なトレンドに逆行することはない」と述べた。

  習氏は対外開放にコミットしており、これは変わらないと指摘。中国は世界経済と国際的なシステムに深く組み込まれていると論じた。

CHINA-CONFLICT-ANNIVERSARY

習近平国家主席

  また、中国は自由貿易協定を巡る交渉をさらに進めていくとし、多国間の貿易メカニズムを今後も支持するとした。関税をさらに引き下げ、質の高い製品やサービスの輸入を増やすとも語った。

  さらに、習氏は改革を進め、市場を活性化すると説明。公平な競争メカニズムの改善や知的財産権などの保護を強化すると述べたほか、イノベーション主導の発展を実行し、戦略的優先事項として内需を拡大すると言明した。

原題:China’s Xi Vows No Decoupling in Call to Reject Protectionism、Xi Says China Won’t Seek De-Coupling or Exclusive Policy(抜粋)

(第3段落以降を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE