コンテンツにスキップする

日経平均続落、国内外の新型コロナ感染増加で景気懸念-景気敏感売り

更新日時
  • 米NY市は公立学校の対面授業を中止、東京のコロナ感染は500人超
  • 東証1部は値下がりが優勢、ドル・円相場は1ドル=103円台後半

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

19日の東京株式市場で日経平均株価は続落。国内外での新型コロナウイルスの感染拡大や円相場の高止まりから景気先行きへの懸念がやや強まった。自動車や鉄鋼など景気敏感業種の一角が安い。半面、陸運や建設は高く、TOPIXは反発した。

  • 日経平均株価の終値は前日比93円80銭(0.4%)安の2万5634円34銭
  • TOPIXは5.76ポイント(0.3%)高の1726.41と反発

<きょうのポイント>

  • 米ニューヨーク市は新型コロナウイルス検査陽性率上昇で19日から公立学校の対面授業を中止
  • 東京のコロナ感染500人超、2日連続最多-警戒は最高レベルに
  • きょうのドル・円相場は1ドル=103円台後半を推移、前日の日本株終値時点は104円00銭

  アセットマネジメントOneの清水毅調査グループ長は、米国では新規感染者の広がりが桁違いの勢いで、国内でも政府・自治体がこのままの対応だったら感染はさらに増加するだろうと語る。感染拡大により「国内外とも年末にかけて出てくる経済統計はいったん悪化する可能性がある」と述べた。

  米国株が新型コロナ感染警戒から取引終了にかけて崩れた流れを引き継ぎ、日本株は売りが先行。午後には東京都内の新規感染者数が500人超と伝わり、日経平均は2万5500円を4営業日ぶりに割り込む場面があった。

  日経平均は今月に入って初めての続落。東証1部は値下がり銘柄数が値上がりを上回った。三井住友信託銀行の瀨良礼子マーケット・ストラテジストは「ワクチンがすぐに届くわけではなく、日経平均2万6000円を付け過熱感がある中、短期の投資家が利益確定で売っている」と話す。

  もっとも、国内の感染拡大が分かっても前日ほど相場は崩れなかった。下値の堅さを確認した後は先物主導で下げ幅を縮小し、TOPIXはプラス圏に浮上した。

  「Go To政策継続で新規感染が増えるのは当然で、都内が500人超と聞いても驚きはない。行動制限した際の効果も分かっているためパニックにもならない」と、アセマネOneの清水氏。現在の市場が注目しているのはむしろ過剰流動性だとし、米金融当局が緩和政策スタンスを維持している中では弱気になる必要はなく、下げた局面は良い押し目の機会になるともみていた。

  • 東証33業種では鉄鋼や非鉄金属、鉱業、証券・商品先物、銀行、精密機器、輸送用機器が下落
  • 陸運や卸売、建設、機械、情報・通信は上昇
続落
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE