コンテンツにスキップする

米大統領選、トランプ陣営がウィスコンシン州の一部で再集計求める

  • 民主党寄りのミルウォーキー郡とデーン郡で票の再集計を要請
  • ウィスコンシン州でのバイデン氏との得票差は2万票を超える

トランプ米大統領の陣営は18日、今月の大統領選で民主党バイデン氏に勝利をもたらす一助となった激戦州ウィスコンシン州での結果を覆すべく、同州の一部で再集計を求めた。

  同陣営はこの日午前、同州ミルウォーキー郡とデーン郡での票の再集計を申し立てた。両郡は民主党寄りで同州の黒人人口の大部分を占める。

  同州選挙管理当局の責任者、ミーガン・ウルフ氏は声明で「今後数週間、世界の目がこれらウィスコンシン州の郡に注がれると理解している」と述べた。同州はトランプ陣営から300万ドル(約3億1000万円)を受け取ったという。州全体で再集計を行うには790万ドルが必要になると推計されている。

  歴史を振り返っても、トランプ氏が結果を覆せる見込みはほとんどない。AP通信によると、同州でのバイデン氏との非公式得票差は2万565票となっている。これは、2011年と16年に州全体で行われた再集計で動いた票の数をはるかに上回る。

原題:Trump Campaign Asks for Partial Vote Recount in Wisconsin (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE