コンテンツにスキップする

日経平均入れ替え、シャープを採用-ドコモ上場廃止で

更新日時

日本経済新聞社は18日、日経平均株価の構成銘柄としてシャープを採用すると発表した。NTTドコモについて上場廃止の可能性が極めて高くなったと判断したためで、同銘柄は除外となる。12月2日の算出から適用する。

  シャープはクオンツアナリストの間で事前の新規採用予想に挙がっていたが、市場にはかつて業績不振だった時期がありやや意外感を指摘する声もある。

  松井証券の窪田朋一郎シニアマーケットアナリストは、時価総額が大きな主要な電機銘柄の採用も取りざたされていたことから、意外感から組み入れ期待の買いが入る可能性を指摘する。ロームや村田製などの採用されなかった候補銘柄については「大きく先取りして買われたという面も乏しかったため、大きな影響は出にくいだろう」と話していた。

関連記事:株どこみる:日経平均入れ替えきょう公表か、2回続いた意外感の果て

(第2段落以降に市場関係者のコメントなどを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE