コンテンツにスキップする

NZ中銀、一部の金融機関に情報を誤って開示-先週の政策発表前

  • 限定的な情報が「マーケットの優位性をもたらした可能性は小さい」
  • 会計事務所デロイトが中銀の内部プロセスを調査

ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は18日、直近の金融政策声明からの情報を先週の公式発表前に一部の金融機関に誤って開示したことを明らかにした。

  同中銀の発表によれば、この情報は一部のノンバンクの金融機関に充てた書簡に含まれており、書簡は現地時間11日午後2時(日本時間午前10時)に政策声明が公表される45分前に送付された。書簡はファンディング・フォー・レンディング・プログラム(FLP)という形で新たな金融刺激策を導入する決定を確認していたが、具体的項目は含まれていなかったという。

NZ中銀、銀行向け低利資金供給を12月開始-政策金利据え置き

  同中銀は「書簡に含まれていた限定的な情報が誰かにマーケットの優位性をもたらした可能性は小さいが、この問題を深刻に捉えている」とコメントした。会計事務所のデロイトが同中銀の内部プロセスについて独立した調査を行っている。

原題:RBNZ Accidentally Leaked New Stimulus to Financial Firms (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE